MENU
ニュースレターに登録する

「今週の1本」やイベント案内など、スポーツの風をお届けします。

個人情報の扱いはプライバシーポリシーをご覧いただき、同意の上でお申し込み下さい。

”ペンで、心を動かす”Pen&Co.株式会社が運営しています。

【バレーボール】石川祐希のミラノ準決勝1勝目 | 高橋藍のモンツァ連敗 | セリエAプレーオフ

ペルージャに競り勝ったミラノ
ペルージャに競り勝ち、1勝1敗のタイに持ち込んだミラノ=提供:セリエA
  • URLをコピーしました!

バレーボール男子のイタリア・セリエAは2024年4月3日(日本時間4月4日未明)、3戦先勝方式のプレーオフ準決勝第2戦があった。石川祐希が先発したミラノはホームでレギュラーシーズン2位のペルージャと対戦、セットカウント3-2(25-27, 25-21, 21-25, 27-25, 20-18)で競り勝ち、1勝1敗のタイに持ち込んだ。石川はこの日、得点源のサーブや代名詞のパイプ(バックアタック)をペルージャに警戒され、対策を打たれる中、粘り強く味方の攻撃につなげ、ブロックポイント1を含む19得点を挙げて勝利に貢献した。ミラノのレゲルスが両チーム最多の31得点で気を吐いた。

(下に記事が続きます)

高橋藍は13得点

高橋藍のモンツァはトレンティーノに1-3で敗れた
13得点を挙げた高橋=提供:セリエA

高橋藍が所属するモンツァはホームで首位のトレンティーノと対戦、セットカウント1-3 (15-25, 25-21, 18-25, 18-25)で2連敗と追い込まれた。決勝進出にはここから3連勝するしかなくなった。高橋藍は先発出場、ブロックポイント2を含む13得点だった。

プレーオフ準決勝第3戦は4月7日(日本時間4月8日未明)に行なわれる。

ペンスポニュースレター(無料)に登録ください

スポーツ特化型メディア“Pen&Sports”[ペンスポ]ではニュースレター(メルマガ)を発行しています。「へぇ」が詰まった独自ニュースとスポーツの風を届けます。下記のフォームにメールアドレスを記入して、ぜひ登録ください。

個人情報の扱いはプライバシーポリシーをご覧いただき、同意の上でお申し込み下さい。

  • URLをコピーしました!

\ 感想をお寄せください /

コメントする

目次