MENU
ニュースレターに登録する

「今週の1本」やイベント案内など、スポーツの風をお届けします。

個人情報の扱いはプライバシーポリシーをご覧いただき、同意の上でお申し込み下さい。

”ペンで、心を動かす”Pen&Co.株式会社が運営しています。

【バレーボール】石川祐希14得点、腰痛からカムバック | ミラノがペルージャに逆転勝ち

石川祐希が所属するミラノがペルージャに逆転勝ち
石川祐希が所属するミラノがペルージャに逆転勝ちした=ミラノのXより
  • URLをコピーしました!

イタリアのバレーボールリーグ、セリエAは2023年12月26日(日本時間27日)、レギュラーシーズン前半最終戦となる第11節が各地で行なわれ、日本代表の石川祐希が所属するリーグ7位のミラノは敵地で同2位ペルージャに逆転勝ちした。ミラノは2セット連取を許してからの驚異的な粘りで、セットカウント3-2(14-25,20-25,25-12,25-22,15-12)で競り勝った。

石川は腰痛の影響で試合の欠場が続いていたが、21日のカップ戦では守備固め要因として途中出場。この日は第2セットのスタートからコートに立ち、5試合ぶりに攻撃にも加わった。腰痛の影響を感じさせない動きでサービスエース2本、ブロック2本を含む14得点と逆転勝利に貢献した。ミラノは12チーム中6位に浮上し前半戦を終えた。

高橋15得点、チームは敗れる

日本代表高橋藍の所属するリーグ4位のモンツァは同26日、敵地で10位チステルナにセットカウント1-3(18-25,20-25,25-21,22-25)で敗れた。高橋は15得点だった。

ペンスポニュースレター(無料)に登録ください

スポーツ特化型メディア“Pen&Sports”[ペンスポ]ではニュースレター(メルマガ)を発行しています。ペンスポの更新情報やイベントのご案内など、編集部からスポーツの躍動と元気の素を送ります。下記のフォームにメールアドレスを記入して、ぜひ登録ください。

個人情報の扱いはプライバシーポリシーをご覧いただき、同意の上でお申し込み下さい。

  • URLをコピーしました!

\ 感想をお寄せください /

コメントする

目次