MENU
ニュースレターに登録する

「今週の1本」やイベント案内など、スポーツの風をお届けします。

個人情報の扱いはプライバシーポリシーをご覧いただき、同意の上でお申し込み下さい。

”ペンで、心を動かす”Pen&Co.株式会社が運営しています。

【ラグビー】東芝ブレイブルーパス東京、5連勝へ突き進め | 1/14、三重ホンダヒート戦

ラグビー東芝ブレイブルーパス東京
第4節のクボタスピアーズ船橋・東京ベイ戦でPlayer Of the Matchに選ばれたリーチ・マイケルⒸTOSHIBA BRAVE LUPAS TOKYO
  • URLをコピーしました!

ラグビー・リーグワンのディビジョン1で、今季開幕4連勝と勢いに乗る東芝ブレイブルーパス東京は2024年1月14日の第5節、今シーズン初の秩父宮ラグビー場でのホストゲームで迫力のプレーを披露する。迎え撃つのは三重ホンダヒートだ。ホンダは東芝とは対照的に、今季は開幕4連敗。ディビジョン1の12チームで唯一まだ勝ち点がなく最下位に甘んじている。東芝にはこの一戦で、確実に勝利をつかむだけでなく「圧勝」を期待したい。4トライ以上の成功で点差を開き、ボーナスポイントを含めた勝ち点5を確実に積み上げておきたい相手だ。

東芝は1月7日にあった第4節、昨季王者のクボタスピアーズ船橋・東京ベイの追い上げを振り切り、24-20で勝利した。そのクボタにホンダは昨年12月16日の第2節、0-75の大敗を喫している。ホンダのスクラムには決して侮れない強さがあるが、対戦相手の「ものさし」から見ても、優位は明らか。力の差は歴然だ。

東芝はゲームメイキングとキックの名手リッチー・モウンガと、突破力が魅力のシャノン・フリゼルの2人のニュージーランド代表が新加入。さらに日本代表のリーチ・マイケルが主将に復帰してチームが底上げされた。ミスやペナルティーをした選手を名指しで指摘し、おざなりにせずに改善を促す「ストレートトーク」というミーティングを今季から取り入れ、妥協を許さないチーム改革も結果に現れている。

ラグビー・リーグワン 2023-2024 順位表[第4節終了時点]

順位チーム試合数勝点得失差
1埼玉パナソニックワイルドナイツ419400133
2東芝ブレイブルーパス東京41840031
3東京サントリーサンゴリアス41530145
4横浜キヤノンイーグルス4133016
5コベルコ神戸スティーラーズ41020254
6静岡ブルーレヴズ41020236
7トヨタヴェルブリッツ492023
8三菱重工相模原ダイナボアーズ49202-10
9クボタスピアーズ船橋・東京ベイ4710341
10リコーブラックラムズ東京46103-15
11花園近鉄ライナーズ41004-117
12三重ホンダヒート40004-207

ペンスポニュースレター(無料)に登録ください

スポーツ特化型メディア“Pen&Sports”[ペンスポ]ではニュースレター(メルマガ)を発行しています。ペンスポの更新情報やイベントのご案内など、編集部からスポーツの躍動と元気の素を送ります。下記のフォームにメールアドレスを記入して、ぜひ登録ください。

個人情報の扱いはプライバシーポリシーをご覧いただき、同意の上でお申し込み下さい。

  • URLをコピーしました!

\ 感想をお寄せください /

コメントする

目次