MENU
ニュースレターに登録する

「今週の1本」やイベント案内など、スポーツの風をお届けします。

個人情報の扱いはプライバシーポリシーをご覧いただき、同意の上でお申し込み下さい。

”ペンで、心を動かす”Pen&Co.株式会社が運営しています。

【ホッケー】日本男子が快挙!世界ランク4位、東京五輪銅のインドに1-1ドロー

ホッケー日本代表
AHFアジアホッケー連盟公式Facebookより
  • URLをコピーしました!

ホッケーのアジア年間王者を決めるアジアチャンピオンズトロフィー2023(インド・チェンナイで開催中)で日本代表男子(世界ランキング19位)が快挙だ。2023年8月4日、超満員の観客が埋まる完全アウェーの環境下、世界ランキング4位で東京五輪銅メダルのインドに先制後、1-1で持ちこたえ、価値ある引き分けに持ち込んだ。パリ五輪の出場権がかかる9-10月のアジア大会(中国・杭州)でインドは日本に立ちはだかる強力なライバルとなるが、この大熱戦で弾みをつけた。

目次

ロッチ中岡さん「どれだけスゴいか知ってほしい」

日本ホッケー協会のアンバサダーを務めるタレントのロッチ中岡さん(myhockey.jpより引用)

日本男子の久々の快進撃に日本ホッケー協会のアンバサダーを務めるタレントのロッチ中岡さんも熱くなった。

「全然ニュースにしてくれないね~」「どれだけスゴいか皆にも知ってほしい!!!!」「日本ホッケーサムライジャパン、頑張ってます!!!!!」などとつぶやいた。

ロッチ中岡さんは奈良・橿原市立大成中学校でホッケーをはじめ、スポーツ推薦で進学した私立大谷高等学校(京都府) でもホッケー部に所属。高校時代は日本代表入りを目指して努力していたという芸能界屈指のホッケー経験者だけに、インドとの真剣勝負での「ドロー」にどれだけの価値があるか、肌身で分かっている。

日本対インド戦の戦評:チームマネジャー・渡邉宏樹さん

試合の詳細は、男子日本代表チームに帯同しているチームマネジャー・渡邉宏樹さんによる戦評でチェックできる。

日本と世界ランキング4位の強豪国インドとの試合は、インドサポーターで満員のスタジアムで行われた。

第1Q 立ち上がりから日本はホームゲームとなるインドに対し果敢にプレスを仕掛けるもテクニック、スピードで上回るインドが試合の主導権を握った。1QにPCを8本取られGK吉川を中心に固い守りで失点を許さなかった。流石に世界最高峰のリーグ(プロリーグ)に出場しているだけあってそう簡単にプレーをさせてもらえない時間が続いた。

第2Q 28分、早いカウンターから#24河邉が2本目のPCを獲得すると#15永吉が狙い澄ました強烈なフリックシュートをゴールに突き刺し先制する。日本は相手のbuild-upをうまくプレスゾーンに追い込み徐々にペースを握っていく。2Qに#29北河がGKとして見事なセービングを連発し日本のゴールを守り抜き前半を終える。

第3Q 流石は世界トップレベルなだけあって後半に入ると一気にペースアップし日本のゴールに襲いかかってくる。43分、PCをとられ10本目となるところで世界のフリッカーとして有名な#13ハーマンプリートに強烈なフリックシュートを入れられて1-1となる。

第4Q その後も、キャプテンの#20大橋、ベテランの#13山下を中心に鉄壁の守りで4Qも失点する事なく試合終了となった。PCの数では圧倒的に劣っているものの、確実に得点を取り、選手一人一人が日本代表として体を張って守り抜くことができ、PCのアタックとディフェンスにおいては最重要課題として日々トレーニングを重ねてきた成果が現れた試合となった。

終始日本は堅実な守備と素早いカウンターアタックでインドに対抗し、あと一歩のところで勝つことは出来なかったが、格上の相手に対し、勝ち点1を取ることができた。インドはハイテクニック、ハイスピードを活かした攻撃で日本のゴールを狙ってきたが、守備において集中しチームとしてのまとまりを見せた熱い一戦となった。
(文責:男子日本代表チーム チームマネージャー 渡邉宏樹)

日本対インド戦ではFB永吉 拳(LIEBE栃木)がHero of the Matchに選ばれた。

  • URLをコピーしました!

\ 感想をお寄せください /

コメントする

目次