MENU
ニュースレターに登録する

「今週の1本」やイベント案内など、スポーツの風をお届けします。

個人情報の扱いはプライバシーポリシーをご覧いただき、同意の上でお申し込み下さい。

”ペンで、心を動かす”Pen&Co.株式会社が運営しています。

【ラグビー】東芝、2/24にキヤノン戦 | フリゼル「日本で一番のチームに」

東芝ブレイブルーパス東京
前節のトヨタヴェルヴリッツ戦より=2024年1月27日、豊田スタジアム
  • URLをコピーしました!

ラグビー・リーグワン1部の東芝ブレイブルーパス東京は今シーズン、開幕から無傷の6連勝中と好調をキープし、勝ち点27で2位につけている。第7節は2024年2月24日、東京・秩父宮ラグビー場で、暫定5位からの上位進出を目指す横浜キヤノンイーグルス(4勝2敗、勝ち点18)をホストゲームで迎え撃つ。昨季4強と南半球スーパーラグビーのチームによる交流試合「クロスボーダーマッチ」の期間をはさんだため、約1カ月ぶりのリーグ再開となる。

クロスボーダーマッチ経験したキヤノン

昨シーズン3位のキヤノンは2月10日、クロスボーダーマッチでニュージーランドのブルーズと対戦した。22-57で敗れたものの、4トライ22得点を挙げ、今季から取り組んでいる新たなディフェンスシステムを試すなど、経験値を上げた。キヤノンの沢木監督は「(クロスボーダーマッチは)リスクもあるし、勝点もつきません。でもやるからには真剣勝負をしたい。そこで得られるものはある。幸い、大きいケガ人も出ませんでした。こういう機会の価値を選手も理解しています。良い経験になりました」と試合後の記者会見で語った。

一方、クロスボーダーに出場していない昨季5位の東芝は2月10日、地元・府中でリコーブラックラムズ東京と練習試合を実施した。後半4連続トライを許すなど36-43で敗れたが、アーリーエントリー選手に実戦経験を積ませるなど、チームの底上げを図って調整した。この1カ月間、対照的な過ごし方をした両チームが第7節でどんな試合を繰り広げるか注目したい。

2月11日が30歳の誕生日だった東芝のシャノン・フリゼルはチームの公式Xで「今のブレイブルーパスはベテラン選手から大学を卒業したばかりの若手がいて、全員がどうすればより良くなれるのか互いに学び合っている。互いに高め合い、できれば日本で1番のチームにしたい」と語った。誕生日の節目に優勝宣言が飛び出した。

ラグビー・リーグワン 2023-2024 順位表[2024.2.22現在]

順位チーム試合数勝点得失差
1埼玉パナソニックワイルドナイツ733700255
2東芝ブレイブルーパス東京62760075
3東京サントリーサンゴリアス72450247
4トヨタヴェルブリッツ71940367
5横浜キヤノンイーグルス61840218
6静岡ブルーレヴズ61630370
7クボタスピアーズ船橋・東京ベイ61530346
8コベルコ神戸スティーラーズ61530354
9三菱重工相模原ダイナボアーズ610204-72
10リコーブラックラムズ東京67105-32
11花園近鉄ライナーズ61006-188
12三重ホンダヒート70007-340

ペンスポニュースレター(無料)に登録ください

スポーツ特化型メディア“Pen&Sports”[ペンスポ]ではニュースレター(メルマガ)を発行しています。「へぇ」が詰まった独自ニュースとスポーツの風を届けます。下記のフォームにメールアドレスを記入して、ぜひ登録ください。

個人情報の扱いはプライバシーポリシーをご覧いただき、同意の上でお申し込み下さい。

  • URLをコピーしました!

\ 感想をお寄せください /

コメントする

目次