MENU
ニュースレターに登録する

「今週の1本」やイベント案内など、スポーツの風をお届けします。

個人情報の扱いはプライバシーポリシーをご覧いただき、同意の上でお申し込み下さい。

”ペンで、心を動かす”Pen&Co.株式会社が運営しています。

【バレーボール】北海道イエロースターズ初優勝、最後のV2王者に | SVリーグ来季即参入は見送りか

北海道イエロースターズがV2最後の王者に
V2初優勝を決めた北海道イエロースターズ=2024年3月16日、函館アリーナで(原田写す)
  • URLをコピーしました!

最後は相手のジャンプサーブがネットにかかり、あっけない幕切れだった。バレーボールのVリーグ2部(V2)で首位の北海道イエロースターズは2024年3月16日、函館アリーナでのホームゲームで、トヨタ自動車サンホークス(リーグ8位)にセットカウント3-0(25-11,25-21,25-15)でストレート勝ち。序盤から相手をねじ伏せる展開の完勝で、今季2試合を残して早々とV2初優勝を決めた。 Vリーグ参入5シーズン目。2023年6月に「サフィルヴァ北海道」から改名したばかりの「イエロースターズ」が2024年秋から刷新されるVリーグを前に、最後のV2王者となった。

目次

陳建禎が3連続サービスエース

第1セットから圧巻の攻撃だった。とりわけ効果的だったのは、V1パナソニックやJTでもプレー経験がある元台湾代表主将の陳建禎のサーブだ。4点リードの15-11から力感あふれるジャンプサーブで崩し、トヨタ自動車に決定機を与えない。郡浩也の緩急の効いたレフト攻撃もはまって、陳建禎のサーブで10連続ブレイク。23-11からは陳自身の3連続サービスエースでねじ伏せ、相手の戦意を喪失させた。

陳は試合後、「練習通り自分のいいパフォーマンスが出せた。みんな一緒に優勝に向けて頑張ってきました。最高のチームです!」と雄たけびを上げた。

今季は入れ替え戦なし

セットカウント3-0(25-11,25-21,25-15)でストレート勝ち(原田写す)

10チーム3回戦総当たりで行なうレギュラーシーズンは全27試合のうち25試合を消化した。イエロースターズは21勝4敗。勝率は8割4分。今季V2ではほぼ無敵だった。

ただ、リーグを統括するVリーグ機構は、2024年10月から、リーグ改革を前提に新たにライセンスを与えるチームでつくるトップリーグ「SVリーグ」と2部にあたる「新Vリーグ」に再編するため、今季は入れ替え戦が実施されない。北海道イエロースターズがV1の下位チームとどれだけ渡り合えるのか、力試しをする機会がないのは惜しまれる。

さらに気になるのは、2024年秋から始まる来季の北海道イエロースターズの立ち位置だ。チームは将来的なSVリーグ参入を見据えてライセンス申請を2023年11月に済ませているが、来季からSVリーグに即参入することにはならなそうだ。

SVリーグ加盟には5000人収容のアリーナの確保(当初シーズンは3000人)や、売上高6億円(当初3シーズンは4億円)などの極めて高難度な要件があるなか、イエロースターズの場合、アリーナの確保はまだ。売上高も現状ではとうてい要件を満たさない規模感だ。(下に記事が続きます)

高い要件が壁 まずは知名度アップ

北海道に拠点を置くチームにとっては、ホームアンドアウェー方式の遠征費も大きな負担としてのしかかる。チームの独自調査によれば「北海道イエロースターズ」の札幌市内の知名度はまだ20%に満たず、SVリーグ参入前に、知名度アップや愛されるチーム作りが先決という考えがフロントには根強い。

チーム幹部によると、今月中にもVリーグ機構が発表するトップリーグのSVリーグの審査で、北海道イエロースターズは「準加盟」(正会員に順ずる資格)の扱いとなることが現実路線といい、少なくとも来季は2部にあたる「新Vリーグ」でプレーすることになりそうだ。あるチーム幹部は「最後のV2王者になって、次は最初の新Vリーグ王者を目指す。それからSVリーグへという方がストーリー性がある。現時点のイエロースターズはいきなり最高峰のリーグに上がって勝てないチームになり下がるよりも、その下の新Vリーグで優勝争いすることの方を、スポンサーも望んでいる」と話した。

ペンスポニュースレター(無料)に登録ください

スポーツ特化型メディア“Pen&Sports”[ペンスポ]ではニュースレター(メルマガ)を発行しています。「へぇ」が詰まった独自ニュースとスポーツの風を届けます。下記のフォームにメールアドレスを記入して、ぜひ登録ください。

個人情報の扱いはプライバシーポリシーをご覧いただき、同意の上でお申し込み下さい。

  • URLをコピーしました!

\ 感想をお寄せください /

コメントする

目次